遅咲き偉人伝

遅咲き偉人伝 その2 アンナメアリーロバートソンモーゼス ~アメリカの国民的画家おばあちゃん~

 

東京都品川区大人の初心者のための音楽教室

~音楽のタネを一緒に

 蒔き育てましょう~

グレーヌ音楽教室  

講師の秋庭ミモザです 🙂

 

 

今日は、『遅咲き偉人伝その2』です。

 

遅咲き偉人伝の画像で使わせていただいています『アンナメアリーロバートソンモーゼス』をご紹介します。

 

Wikipedia出典

 

アンナ・メアリーロバートソン・モーゼス

 

1860年9月7日‐1961年12月13日没

 

通称:グランマモーゼス(モーゼスおばあちゃん)

 

アメリカ人なら誰もが知る国民的画家のおばあちゃんです。

 

 

アメリカの国民的画家おばあちゃんが誕生した背景は?

 

グランマモーゼスが本格的に筆を握ったのは、76歳の時。

 

 

手のリハビリのために、絵を描くことを息子さんに勧められて。ということだったようです。

 

 

作風は、田園風景や働く農民の風景など、温かいものばかりです。

 

 

1960年には切手の絵に採用されるなど、とても活躍されていたようです。

 

 

書き始めて3年後に、あるコレクターの目に留まり、1940年の80歳の時に個展を開き一躍有名人になります。

 

 

101歳で亡くなるまでに約1600点の作品を残したと言われています。

 

 

約25年間の活動期間に、1600点もの作品ということは、年平均64作品を生み出していたことになりますが、1か月5作品‥‥週1で何かを仕上げていたという計算になります。

 

単純計算ですが、それでもすごい活躍ぶりが分かりますね。

 

勿論、そこには才能もあったと思いますが、何よりも行動の量が多いことがよく分かります。

 

 

好きだから夢中になれるというのが1番!

グランマは、幼いころに父から絵というものは楽しければ楽しいほどいい教わったそうです。

 

それは、楽しいと感じるのは自分自身で、誰かに与えられるものではありません。

 

自分がどうしたら楽しいと思えるのか?

 

どうしたらその瞬間を楽しいと思えるのか?ということを追究した結果だと思います。

 

 

無理矢理やらされて‥‥とかではなく、心から楽しむ。

 

 

これが一番かと思います 🙂

 

 

皆さんもぜひ、自分の夢中になれることを探してもらえると嬉しいです。

 

只今、グレーヌ音楽教室では、大人の生徒さん募集中です☆

 

こちらのお問い合わせフォームより、ご相談くださいね!

お問い合わせはコチラ

 

 

-遅咲き偉人伝
-,

Copyright© 超初心者歓迎 グレーヌ音楽教室 , 2020 All Rights Reserved.