音楽ブログ

個人レッスンとグループレッスン 楽器を習うならどっちがいいの? 

東京都品川区 初心者のための

ピアノ・カシオキーボード・ウクレレ音楽教室

~音楽のタネを一緒に蒔きましょう~

グレーヌ音楽教室

講師の秋庭ミモザです 🙂

 

 

いよいよ来ました、今年も憂鬱な季節が‥‥😖 そう、花粉の季節です。今年は去年よりも多いとのことで薬も多めに頂いてきました。さらに今年はコロナ禍(正式には2年目になるのかな?)での花粉症対策なので、なるべく目を手で触らない・鼻の粘膜を必要以上に刺激しない等と気を付けていきます。

 

今回は、もうすぐ春。ということで新しいことに挑戦したい人も増える季節となり、当教室にもお問い合わせが増えてきていますが、体験レッスン前に質問があがる『個人レッスンがいいのか?グループレッスンがいいのか?』という面を掘り下げていきます。

 

以前、個人教室かカルチャーセンターか個人教室か?という『教室選び(教わる環境)』についての記事は書いたことがありますが、今回はもっと細かい面から解説していこうと思います。

 

こちらの記事もどうぞ!

音楽教室とカルチャースクールと個人教室 どこで習うのが良い? 音楽講師が解説します

東京都品川区大人の超初心者のための ピアノ・キーボード・ウクレレ音楽教室 ~音楽のタネを一緒に蒔きましょう~ グレーヌ音楽教室 講師の秋庭ミモザです 🙂     シルバーウィーク4 ...

続きを見る

 

もうすでに習う環境は決めているのだけど、個人がいいのか?グループがいいのか?という点でお悩みの方はぜひぜひ読んでみてください。

 

個人レッスンとグループレッスン 楽器を習うならどっちがいいの?

 

個人orグループ・・・・。悩みますよね。私は両方経験があります。

 

グループというのは、複数で習うので塾や学校などのイメージをもっていただければいいと思います。人数は色々ありますが、不特定多数の人と同じ空間にいるというのは同じかと思います。

 

個人レッスンはその真逆ですので、家庭教師や塾でも個人部屋で教えるようなマンツーマン形式のイメージです。先生独り占めで、自分だけの空間をもてます。

 

ただ私の経験上、楽器習得に関して言うと、グループに向いている楽器とあまり向いていない楽器があると感じますので、その点も書いていきます。

 

グループレッスンの特徴・メリットデメリット

グループレッスンの特徴は、どの分野でも『比較的安い講座代である』ということではないでしょうか?規模にもよりますが、個人で習うより3割程度は安く設定されているような気がします。

 

価格が少し安くなるのは音楽に限らずかと思いますが、最近は1回受け切りの『大人のための○○○レッスン』のような講座ですと、そこまで変わらないものも増えてきましたね。特にオンラインなどは個人でも安価なものがある場合もあります。

 

上にバレエの写真を付けましたが、スポーツのグループレッスンと楽器演奏のグループレッスンは、ちょっと種類が違います。

 

スポーツは色んな条件下があり、グループでレッスンする方が効率が良かったり、良きライバルも出来るので、グループレッスンでやるべきものです。

 

水泳や陸上やバレエは、基本個人プレーと言えども、切磋琢磨しつつ、時にはライバルになり、時には仲間になり…ということもありますし、逆にサッカーや野球はチームを作らないとゲームになりません。こういった特性からスポーツとはちょっと違います。

 

グループレッスンのメリット

メリットといっても、実はこれは人によってはデメリットにもなりかねないものもあります。これは私の経験上から『グループレッスンでよかった』と思ったことを書いていきます。

  1. 良きライバルができた
  2. 色んな演奏スタイルを見る事ができた
  3. 先生の目が自分だけじゃないので安心することもあった

この3つが大きかったです。

 

良きライバルが出来た。というのは、私の性格もあると思いますが、後から入って来た後輩には負けたくない!と思ったりすると練習を頑張ることが出来たり、先生に褒められた時に嬉しくなることもあります。相手がそう思っていない場合もありますが、私は勝手にライバル視させていただいた良い思い出です。

 

色んな演奏スタイルが見れたのもよかったです。私は当時、J-pop中心にやっていましたが、歳が離れている生徒さんは洋楽が上手だったり、プロ志向の人がいた時は色んなジャンルを身近に聞けてすごく成長したと感じました。

 

先生の目が自分だけに向かないのもいい。というのも、時と場合にはよりますが良いこともありました。60分の中で1人あたり10分程度にきちんと見てもらえる時間があれば、残りの50分はみんな一緒でも楽しかったです。

 

グループレッスンのデメリット

デメリットもまた長所と感じるか、短所と感じるかは人それぞれにはなるかと思いますが書いていきます。

  1. 上達したい時は新しく入ってきた人が足手まといに感じることがある
  2. 個人的に成長がしにくい・上達がゆっくり
  3. 好きな曲は練習できないことがほとんど
  4. 仲間を選べない、人間関係

 

新しく仲間が入って来た時、その人が初心者だった場合は少し楽曲のレベルが落ちることがあります。また、過去にやった曲に戻る。ということは比較的多くありました。過去の楽曲に戻ることは悪いことではありませんが、先に進みたい!と思っている方にはマイナスの要素になります。

 

上記のことからも、個人的にテクニックを先生にみてもらいたい!と思った時もタイミングが必要になります。自分が1番ヘタな時はよく見てもらえたりもしましたが、ちょっと上手な方になってくると、放っておかれる(教室や方針による)ことも段々増えてきます。そういう部分は悩ましいですね。

 

また好きな曲はできない場合があります。教えることもマニュアル化されているので、好きな曲は個人で練習していく努力が必要です。そういった面からも成長スピードは遅くなります。

 

最後のは楽器演奏に限らずですが、グループなのでどんな人が在籍するか、今後してくるか?は常に未定な部分です。そういう意味でも広い心がないと厳しいかもしれませんね。

 

個人レッスンの特徴・メリットデメリット

今度は、個人レッスンについてです。だいたいグループレッスンでのメリットが個人ではデメリットになったりと表裏のような関係ではありますが、書いていきます。

 

個人レッスンの特徴は、マンツーマンになるので自分の好きなペースで習うことが出来るということではないでしょうか。60分なら60分、45分なら45分すべて自分の時間です。マイペースで学びたい人は個人レッスン一択です。

 

個人レッスンのメリット

  1. 自分のペースで学べる
  2. 好きな曲を演奏できる(確率が高い)
  3. 先生を独り占めできる

 

イメージがつくかと思いますが、この3つはかなり魅力的ではないででしょうか?実際、グループレッスンではこのメリットは皆無なので、個人レッスンにするべき理由が見つかるでしょう。

 

自分のペースで学べるのも、先生を独り占めするのも、好きな曲を学べるのも、楽器習得を長く続けるためにも必要な要素なのですのではずせませんね。

 

個人レッスンのデメリット

  1. 費用が高くなってしまう可能性がある
  2. 自分と先生のみの空間になるので他の人の成長が分からない
  3. 先生との相性が肝心になる

 

費用が高くなってしまうのはある程度仕方ないかと思います。ただ反対にあまりにも安すぎる個人も怪しい場合がありますので、お気を付けくださいね。

 

先生と一対一もいいのですが、自分の通う教室以外にも楽器を披露する環境がないと自分と先生のみの世界になってしまうので、見聞が狭くなってしまう可能性もあります。

 

先生との相性もあります。ジャンルは当然のことながら、もっと年齢が近い先生が良かったのに…とか、男性の先生が良かったのに…などと後悔があるとよくないと思います。せっかく個人で習うので、なるべく理想の先生を探しましょう。

 

どんなジャンルの楽器ならグループレッスン向きなの?

では一体、どんな楽器のグループレッスンがいいのか?どんなジャンルならグループレッスンが成立するのか?ということを書いていきます。

 

グループレッスンが成立する条件

私の見解にはなりますが、グループレッスンが成立する条件をあげていきます。

①一緒に演奏することに意味のある楽器

②1つのジャンルに特化しているグループである

③単発イベント

④仲間の年齢がほぼ一緒~かなり近い

⑤個人レッスンの時間が5分でも設けられている場合

もちろん例外もありますが、このような感じではないでしょうか。

 

①は、一緒に演奏するスタイル(ジャンベなど)は問題なしです。または合奏スタイルがとれる楽器は大丈夫です。オーケストラのような各旋律を分けて演奏スタイルでしたら更に楽しめると思います。

 

②は、グループがなるべく同じジャンルが好きな人が集まっている、グループのコンセプトがキチンとしている方が続くでしょう。

 

③普段はオンラインなどで出された課題曲を学習した仲間が、単発企画で集まって行うグループはとてもスムーズにいくと思います。

 

④単発企画の時は、あまり年齢は関係ありませんが、月2回のグループレッスンなどは、なるべく年齢が近い方が曲決めなどがスムーズにいくでしょう。また音楽仲間にもなりやすいと思います。

 

⑤グループでも個人で見てもらえる時間があると、気持ちもピリッとします。不特定多数の音にまぎれたい。(だからグループレッスンを選んだ)という人もいるかと思いますが、本当に上達した場合はやはり先生に少しでもアドバイスをもらうべきです。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?かなり詳しく書いていきましたが、参考になったでしょうか?

 

個人レッスンもグループレッスンもそれぞれに魅力があり、また悩まされる内容もあります。グループレッスンも個人レッスンも体験レッスンや見学可の所も多いはずですので、よく見て自分にあった・理想に近い教室や環境を見つけられるようにしてくださいね。

 

グレーヌ音楽教室では、生徒さん募集中です☆

こちらのお問い合わせフォームより、ご相談くださいね!

お問い合わせはコチラ

 

羽田カルチャーセンターでは随時、仲間を募集していますので、直接カルチャーセンターにお問い合わせください。

★羽田カルチャーセンターHPはこちら

https://www.culture.gr.jp/detail/index_44.html

 

LINE公式からもメッセージ可能です。お気軽にどうぞ!

友だち追加

 

-音楽ブログ
-, , ,

Copyright© 超初心者歓迎 グレーヌ音楽教室 , 2021 All Rights Reserved.