ピアノ・キーボード関連

楽器の種類・選び方 ~電子ピアノ編~

2019年7月3日

東京都品川区 初心者のための

ピアノ・カシオキーボード・ウクレレ音楽教室

~音楽のタネを一緒に蒔きましょう~

グレーヌ音楽教室  

講師の秋庭ミモザです 🙂

 

毎日、ムシムシしている東京ですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

 

まず、お知らせです。

 

まだ詳細は決まっていませんが、令和元年の秋頃に大田区でキーボードとウクレレのグループレッスンの講座をやることになりそうです。

 

 

あ! ウクレレの講座とキーボードの講座は別です。時間が違います。

 

 

でも、担当するのは私なので、おさらい会は合同でやったりして楽しいかな~と思っています!

 

 

まだ完全に決まってきませんが、開講はすると思うので、また決まりましたらお知らせしますね! 

※2019年10月~ 羽田カルチャーセンターにて講座を開講いたしました。興味のある方は、直接羽田カルチャー(03-5735-5011)にお問い合わせください。芸術の秋に、ぜひ新しいことに挑戦してほしいな。と思います 🙂

 

さて、今日は『楽器の種類~電子ピアノ~』について書いていこうと思います。

 

電子ピアノと普通のピアノの大きな違いは?

普通のピアノ・・・というと、思い浮かべるのが、グランドピアノかアップライトピアノですね。

 

ここでグランドピアノとアップライトピアノの違いを書くと、大変なことになるので、割愛させていただきますが、皆さんが感じるのは、大きさと値段かな?と思います。

 

グランドピアノにも「ベビーグランドピアノ」という比較的小さめなタイプもあるのですが、でもやっぱり大きいです。

 

蓋を開けて演奏するとなると、上にも場所が必要になります。東京都内ですとなかなか置き場所に苦労しますね 😥

 

多くの家庭では、アップライト型のピアノをお持ちだと思いますが、こちらも場所としてはまあまあ取ります。

 

基本は『持ち歩きが出来ない』ので、置いてしまったらそのまま放置。が多いかと思います。

 

そこで!!もっと気軽に安価でピアノ体験が出来るのが電子ピアノになります。

 

鍵盤数の88鍵盤は変わらないので、横幅は変わりません。

 

その① フレーム付きタイプ

アップライトに近づけたような雰囲気になったり、ペダルもついて来るので値段も少し上がります。10万でギリギリ買えるかどうか…でしょうか。

 

材料も色々あり、プラスチックのものや本物の木材をこだわって作っているブランドもあります。

 

またホコリよけの蓋が付いたものや、電子ピアノにエレクトーンやキーボードのような機能を搭載したものになると、更に値段があがったりします。

 

重量が重くなるので、アップライトピアノ同様に動かさないことを前提に設置するようになるでしょう。

 

その② 鍵盤+スタンドタイプ

こちらは鍵盤+スタンドになります。ペダルも後付けのような簡易タイプになる場合も多いので、パッと見でキーボードに見えてしまうこともあります。

 

スタンドに載せるだけなので持ち運びも出来ますが、地震などで倒れてしまうこともあるかと思います。また蓋などは無いので、カバーを別途用意しましょう。

 

どちらも電子ピアノですが、鍵盤を置くフレームを選ぶと、こういった雰囲気の違う感じのものになります。

 

そして、電子ピアノというだけあって、電子ピアノはコンセントが必要になります。電気を通さないと、パスパスした音のみです。(笑)

 

なので、普通のピアノと電子ピアノの大きな違いと言うと①値段 ②置き場所 ③電気で音が鳴る(メトロノーム機能などは標準)   かと思います。

 

あとヘッドフォンが使えることが電子ピアノの大きい魅力の1つです。家族や近所迷惑になりませんし、夜中でも練習できるのは素晴らしいと思います。

 

電子ピアノの値段は?

電子ピアノのおおまかな値段は、10万前後が平均なのかな?と思います。

 

上の写真のタイプの様に、フレームもない鍵盤+スタンドタイプでしたら5万くらいで買えますし、逆に高いものは100万するものもあります!

 

私がいいな~と思っていますローランドのKiyoraなんかは35万します。結構高い・・・です。

35万だと、中古のアップライトのピアノが買えます・・・。でもステキです。

 

電子ピアノの値段の違いは、使われている部品の素材、スピーカーの数や質、電子楽器特有のさまざまな機能(録音機能・Bluetoothなどで違いが出てきます。

 

そこはお好きな機能や素材を選ばれるといいかな?と思います。

 

電子キーボードのブランドは?

一番に思いつくのが、ピアノ大手メーカーのYAMAHAさんですね。ピアノ=YAMAHAのイメージも強いので、多くの方に支持されています。

 

次に大手の楽器メーカーのKAWAIさんもイメージが強いかと思います。しかし、実際に売れているのは、YAMAHAさんの次にカシオなんですね!!カシオの音楽講師の認定免許を持っている身としては、ちょっと嬉しいです 😛

 

売れているYAMAHAさんとあまり変わらないんですね!

 

確かにカシオのキーボードも素晴らしいのですが、電子ピアノもなかなか凄いんです!量販店にたまに置いてあるのを触ったのですが・・・

 

いや~~、今の技術がすごいんですが、昔、1度触ったっきりだったので驚きました!電子ピアノの進化には驚かされました。

 

アップライトのピアノを触っている感じに限りなく近くて、音もイイ!

 

YAMAHAさんやKORGさん、私が気になっているKiyoraのローランドさんも触ってみると分かるのですが、すごかったです!昔に1度触ったっきりのピアノの先生たちには、ぜひ1度触れてみてほしいと思いました。

 

もし、これから買われる方などは、絶対に触って各ブランドを弾いてみて、自分と相性の良いものを選ばれるといいと思います。

 

中の電流の流れ方が~~~なんて分かりませんから(笑)、自分に必要な機能と、見た目と手触りと相性と値段で決めていいと思います。

 

私の個人的採点としましては

音=YAMAHA

鍵盤のタッチ感=KAWAI

値段=カシオ

見た目=ROLAND

 

次回は、キーボードについて書きたいと思います。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

-ピアノ・キーボード関連
-, , ,

Copyright© 超初心者歓迎 グレーヌ音楽教室 , 2021 All Rights Reserved.