生徒レッスン

大人 中高年のウクレレ成長日記 生徒80代Mさん その1【体験教室その後】

 

東京都品川区大人の

初心者のための音楽教室

~音楽のタネを一緒に

蒔き育てましょう~

 グレーヌ音楽教室  

講師の秋庭ミモザです 🙂

 

みなさん、こんにちは!

 

今日は良い夫婦の日で、朝から芸能人の結婚報告が続いていますね。

 

壇蜜さんが結婚を賑わせていると思いきや、お笑い芸人さんの安藤なつさんも一般の方とご結婚されて、個人的にはこちらの情報にビックリしてしまいました😆

 

料理もお上手ですし、おもしろ優しい、肝っ玉かあさんになりそうですごくいいな~と思いました。

 

幸せなニュースが続くと自分も幸せな気分になります!

 

 

さて、来週にせまりました体験会のお知らせを。

 

11月29日(金)に体験会を開催します。

 

詳細はこちらの記事を読んでいただけたら嬉しいです 🙂

11月29日(金曜)品川区東大井 超初心者向けウクレレ&電子キーボード体験会のお知らせ【グループレッスン】

  東京都品川区大人の初心者のための音楽教室 ~音楽のタネを一緒に  蒔き育てましょう~    グレーヌ音楽教室   講師の秋庭ミモザです 🙂     今日は、超初心者の ...

続きを見る

 

どうぞよろしくお願いいたします!

 

 

大人 中高年のウクレレ成長日記 80代Mさん ~八十の手習い~

今日は、先日七十の手習いでご紹介しましたAさんの仲間、80代のMさんのご紹介です。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

グレーヌ 音楽教室(品川区CASIOキーボード認定講師)(@graine_ongakukyoushitsu)がシェアした投稿 -

 

色んな習い事を楽しんでいますMさんですが、ギターやウクレレは以前にも興味があってチャレンジした経験があるようでした。

 

しかし、なんとなく機会をのがして気が付いたら80を過ぎていて…。ということで、ここからMさんの演奏の青春が始まります。

 

指関節が動かない‥‥そんなときは

個人差にもよりますが、普段あまり動かしていない体の部分はどうしてもかたいですね。

 

足や腰のストレッチも、伸ばしやすいまたは伸ばしにくいなど様々で、指もまたしかりです。

 

指関節となると、日ごろ動かしているハズですが楽器演奏のように「意識」して動かすということがないため、とても難しく感じてしまいます。

 

Mさんも指関節が上手く使えない…とおっしゃいますが、そんなときは無理せず音の数を減らします。

 

動画で分かるかと思いますが、G7の3つからG6の音へ変えてチャレンジしてもらっています。

 

お子さんでも難しい~と感じる場合は、音を減らして対応し慣れてきたら徐々に増やすといいと思います。

 

 

ウクレレは同時に最大の4つの音がなる楽器

Mさんの話からずれてしまいますが、ウクレレの構造上、音は最大4つ同時に鳴らすことが出来ます

 

開放弦と言われる、指で押さえてなくてもつま弾けば音がなる状態を開放と表現していますが、その音もしっかり和音の1つとして作用しています。

 

ウクレレの開放弦の和音はソ・ド・ミ・ラ

最近は、変則チューニング奏法などもあるのですが、ウクレレの基本チューニングはGCEAです。

引用:サウンドハウス

 

この音はAm7やC6とも使用することができます。

 

コードCはこの1弦のラをドに変えることでコードCのサウンドにしていますが、最悪C6(開放弦の状態)でもCとして使えないこともありません。

 

または少しのテクニックを使い、1弦を弾かずにソドミと弾けば開放弦状態で完全なるコードCのサウンドを鳴らすことができます。

 

そう考えると、キーボードのように「押さえないとならない楽器」より簡単とも考えることができます。

 

自分の納得いくサウンドを求める

少しレベルの高いお話になりますが、ウクレレのようなコード楽器は自分がイメージするコードを追究すると演奏の面白さが増えてくると思います。

 

色のイメージで言うと、単音は色が1つ。コード(複音)は虹やマーブルに混ざった色。のような感じです。きれいな色もありますが、にがいっぽい色や冷たい色があるように、音もそんな風に表現できると思います。

 

こうやってここがこういう風な音がするから…」と実験的にやるととても面白いです。

 

おそらくコードネームなどがわからなくても「このコードの音、なんかステキ!!!」なんてなると、自分がどんなコードが好きか?とかが分かるので、作曲するとそのコードが多く使われたり、自分自身を知ることができますし、個性にもなってきます。

 

理論などで理解するのも大切ですが、感性も大切なのでそんな遊びをとり入れてみてもいいと思います。

 

中高年の方は指2本からできるコードをさがしてみるものよい

話を戻しますが、Mさんは80歳をこえていらっしゃいますので、最大2本の指を使うコード(3本は1本減らす方向)を習得してもらうようにしています。

 

既出の70代の赤いウクレレのAさんは3本でも演奏できていますが、早くは動かせません。ゆっくりじっくり鏡をみて、自分の指の動きをみながら練習するようにお伝えしています。

 

もし、独学で悩んでいる方など1度指を減らしてみることを考えてみてはいかがでしょうか?

 

 

まとめ

楽器演奏に先生や昔ながらのルールがあって、前情報で縛られてしまうことも実は少なくありません。

 

楽器それぞれの基本はおさえていた方がいいのですが、まずは演奏を楽しむ心を大切にしてくださいね。

 

関節や指は動かしていくうちにある程度は動いてくるようになりますので、そこはあきらめずにチャレンジしつつ、自分の好きなサウンドなど探してみてくださいね。

 

只今、グレーヌ音楽教室では、大人の生徒さん募集中です☆

こちらのお問い合わせフォームより、ご相談くださいね!

お問い合わせはコチラ

 

羽田カルチャーセンターでは随時、仲間を募集していますので、直接カルチャーセンターにお問い合わせください。

★羽田カルチャーセンターHPはこちら

https://www.culture.gr.jp/detail/index_44.html

 

LINE公式からでも、お問い合わせお待ちしております!

友だち追加

-生徒レッスン
-, , , ,

Copyright© 超初心者歓迎 グレーヌ音楽教室 , 2020 All Rights Reserved.