品川区大井町にある大人のピアノ・キーボード・ウクレレ音楽教室です

超初心者歓迎 グレーヌ音楽教室

ピアノ・キーボード関連

ピアノ・キーボード入門~初心者の人向け 独学の仕方 その1 音楽講師が教えます

東京都品川区大人の超初心者のための

ピアノ・キーボード・ウクレレ音楽教室

~音楽のタネを一緒に蒔きましょう~

グレーヌ音楽教室

講師の秋庭ミモザです 🙂

 

令和2年の現在…。世の中が暗いニュースに包まれています😢

 

すぐにどうすることもできませんが、家に籠ってでも音楽が楽しめるようにしよう!楽しい気持ちになってほしい!

 

ということで、人生初でも楽器を始める第一歩となるような独学について書いていこうと思います。

 

 

私もオンラインレッスンを導入していますが、先生にレッスンを受ける前に!

 

自分の力で踏み出せるような内容にしていきます。

 

ピアノ・キーボード独学で用意してほしいもの

ここでは超基本、なにを用意すべきか?という所から書いていきます。

 

「え?そんなの必要ないわ」という人は飛ばしてください(笑)

 

復習や確認で読んでくださってもOKです。

 

①基本となる楽器の用意=61鍵盤以上をおすすめ

当たり前すぎますが、まずは楽器を用意してください😁

 

生ピアノがあれば、生ピアノでOKです。なるべく調律が出来ている方がいいですが、ひとまず後回しにします。

 

キーボードであれば、61鍵盤がいいですね。49鍵盤でもいいですが、ちょっと物足りなくなります。

 

エレクトーンでもOKですが2段になっていますので、その点は気を付けてください。

 

『2段だから演奏できない』ということはありませんが、ピアノやキーボードのように1段横並びの形とは別物である。という頭は少しだけ必要です。基礎練習に対しては、エレクトーンでも大丈夫です。

 

オモチャ仕様のキーボードは、指の形が変わってきますので、避けましょう。

 

ピアノと同じ幅の鍵盤で61鍵盤(標準仕様)で用意します。

 

音色などは、とりあえず『ピアノ風』なものが出ればよいかと思います。明らかに変な音なものはやめましょう😂

 

あ、あとは誰かのお古で『ここの音がひとつでないんだけど』みたいなやつもなるべく避けましょう。

 

右手部分の一番右にある鍵盤でしたら1音くらいでなくても大丈夫ですが、左手部分の一番下は意外と使いますので、そういう場合は新しいものを買ってしまった方がいいと思います。

 

※補足※

キーボードでたまにファやソの音が最低音になっているものがありますが、なるべくドの音が一番下になっているものの方がいいと思われます。

 

ファやミやソでもいいのですが、世の中の簡単にアレンジされている譜面はスタートの物が多いので、そちらに合わせます。

 

②譜面台が無ければ譜面台を用意

生ピアノなキーボードなどで譜面台が付いているものであれば問題ありませんが、子供のおさがりだったり、貰い物だったりすると意外と譜面台が無い(無くされている)場合があります。

 

譜面は正面で顔をあげてみてほしいので、もし譜面台がないキーボードや電子ピアノを持っている方は購入しましょう。安いものでOKです。

このタイプが持ち運びやすいですが、背面が開いてない物の方が便利だったりもします。

 

角度調節と高さ調節ができて、譜面をおさえがあるといいと思います。

 

③楽器を拭くクロスなどがあるとベスト

意外や意外、鍵盤を弾くとかなり汚れます。😅

 

手汗や油汚れでぬるっとしたりしますので、たまに拭きましょう。愛情もわきます。

 

タオルやティッシュだと、綿の細かいカスが鍵盤に挟まるので向いていません。

 

100均などでもいいので、マイクロファイバークロス(メガネ拭き)を1つ用意してみてください。

 

④カバー的なものがあるとホコリから守れます

ピアノやエレクトーンはフタやカバー付きの物がありますが、キーボードは鍵盤がむき出しになります。

 

ケースもありますが、しまうのがメンドクサイので何かホコリよけになるようなものを用意するといいと思います。

こういったカバーもありますが、毎日弾くとなるとこれまたメンドクサイので、私はレジャーシート的なものを被せています。

単なるホコリよけなので、役目をはたしていれば何でもいいかな?と思っています。

 

ツルっとした素材の布とかでもいいかもしれませんね。

 

ピアノ・キーボードはじめて教則本について

こちらでは教則本を書いていきますが、あくまでも大人向けで書いていきます。子供用のものでもいいのですが、まずは大人の教則本選びについて書いていきます。

 

子供用はサブ教材として使うととても効果的なので、今後併用するとして、まず最初に用意すべき&買うべき教則本を書いていきます。

 

①本当に初心者の方は指番号が書いてあるものから

大人のものでも、子供のものでもいいのですが、最初に分からなくなるのは指の使い方だと思います。

 

先生がいれば随時聞くことができますが、独学はそうもいきません。

 

効率のよい指使いをマスターするためにも、最初は1冊まるまる指番号が書いてあるような本を選んでもいいと思います。

 

曲は見開きで半ページで終わるくらいの短い曲集でいいと思います。長いと疲れます(笑)

 

大きいフォントで書かれていて、指使いの書いてあり自分の好きなジャンルが多く入っているものを選びましょう。

 

左手は後回しでいいので、まずはメロディーの右手から1冊制覇してみましょう。

 

中高年向きなのですが、こちらは指番号もかいてあるので、取り入れやすい本となっています。私の生徒さんでも使っている方がいらっしゃいます。

 

②ハノンは持っていてもいいと思える教則本

ハノンはピアノ経験者の方は、きっと知っていると思いますが、ザ・教則本といえる本です。

面白い内容…ではありませんが、やっておいたほうがいいと思える内容が多いです。

 

ピアノを弾く基本的な筋肉を意識するための音の形や指の形を意識させてくれます。英語で言うとThis is a pen. みたいなものが載っているような感じです。

 

なので、自分が得意なものや必要じゃないと思うものはドンドン飛ばしてもらっていいのですが、逆にニガテな部分は手厚く練習してもらえると強くなってくると思います。

 

私は、基本的にどんな方にもでハノンは数曲やってもらっています。やっているうちに楽器演奏に必要な筋肉や柔軟性が付いていた…みたいな感じになると思います。

 

あとは、こちらでもよいかもしれません。説明が多いです。

 

 

③出来たら楽器屋さんで中身を見て買う方がよい

今はネットで気軽に色々と買えるのですが、教則本に関しては可能でしたら楽器屋さんで、中身を見て購入された方がいいです。

 

自分の好きな感じの内容なのかどうか?全部(半分以上)演奏できるレベルのものなのかどうか?を自分の目で確かめた方がいいです。

 

私も散々ネットで雰囲気で買いましたが、失敗したな~~~~と思う事が多いです😅

 

教則本あるあるなのですが、急に難しくなったり、説明があまり書かれていなく、急に曲集になっていたりするので、最初は曲集ではなく、教則本を手にしてください。

 

曲集は、演奏できるようにならないと意味がないものになっていますので、まずは1つ1つ説明が書かれているものを探してみてください。ネットですとそのあたりを確認することができないので、ぜひ楽器屋さんに行ってみてくださいね。

 

本屋さんは少ないです。うまくいけば図書館で借りることができるかもしれません。図書館で借りてみて、お気に入りを購入する。というのもオススメの方法です。

 

まとめ

今回は、かなり当たり前のことを書きましたが、意外と落とし穴にはまってしまっている方もいるかと思い、書いてみました。

 

特に教則本と曲集の区別がついてなくて『これ、何も分からないんですけど…』と本を持ってくる方もたま~にいらして、教則本を改めておすすめすることも、ゼロではないです…。

 

ぜひご自分の目で確かめて、ピン!ときた本を選んでみてください。

 

只今、グレーヌ音楽教室では、大人の生徒さん募集中です☆

こちらのお問い合わせフォームより、ご相談くださいね!

お問い合わせはコチラ

 

羽田カルチャーセンターでは随時、仲間を募集していますので、直接カルチャーセンターにお問い合わせください。

★羽田カルチャーセンターHPはこちら

https://www.culture.gr.jp/detail/index_44.html

 

 

友だち追加

 

-ピアノ・キーボード関連
-, , , , ,

Copyright© 超初心者歓迎 グレーヌ音楽教室 , 2020 All Rights Reserved.