健康効果

楽器演奏は脳活性に本当に効果がある?  その4

投稿日:

 

 

みなさん、こんにちは♪

 

 

この『楽器演奏は脳活性に本当に効果がある?』シリーズも4話となってしまいましたが(笑)

 

 

よろしければ、おつきあいくださいませ。

 

 

前回は、科学的に調べた結果、演奏を聴くだけの脳内活動の違いがあるよ。

 

 

という説をご紹介させていただきましたが、今回は、一般の方の経験談やおススメのサイトのご紹介もしようかと思います。

 

 

 

認知症ブログ

http://n-kaizen-blog.com/condition-good/074/

 

認知症ブログというサイトで、2015年10月で更新は止まってしまっていますが、81歳のお母さまが電子ピアノを弾くようになってから、認知症が改善されていく様子が書かれています。

 

 

こちらは、研究機関ではなく、個人ブログで経験談を書いてくださっていますので、1番にご紹介いたしました。

 

 

 

 

こちらはTVで放送され、反響があったものです。

たけしの家庭の医学という番組で取り上げられました。

 

https://sp.health.asahi.jp/kentei/20181106_2/

 

 

観た方もいらっしゃると思いますが、この放送後、電子ピアノが飛ぶように売れたそうです!^^

 

 

 

しろにの小部屋

 

こちらは上記のたけしの医学の番組を詳しく書いてあるサイトです。

 

 

 

 

以上は、中高年対象の記事ですが、最近は

『東大生 ピアノ』というもの騒がれていますね。

 

こどもなび

 

こちらのサイトでは、東大生とピアノの因果関係を書いています。

 

 

でも‥‥

 

紹介しといてなんですが‥‥。

 

 

あんまりピアノと東大を紐付けてしまうとなぁ‥‥と思うこともあります。

 

 

私個人としては、子供の頃の楽器はピアノでなくてもいいと思うんです。

 

 

ギターでもベースでも、三味線でもドラムでも‥‥。

 

 

もし、ピアノが手足4本全部使うから脳活性がすごい。

 

 

という理由でしたら、エレクトーンなんて、もっと動かしますからね。

 

 

そしたらエレクトーンは東大以上になってしまいます(笑)

 

 

ピアノ=勉強のできる子を育てる。と解釈されてしまうのでは?と思いますが、それは違うと思うので、注意書きとして書いておきます。

 

 

話がちょっとずれてしまいましたが、何かの参考になればと思います。

 

 

続く

 

-健康効果
-,

Copyright© グレーヌ音楽教室 , 2019 All Rights Reserved.